Scandinavia

フレンステッド モビールズ

フレンステッド モビール

Flensted Mobile

フレンステッド モビール

モビールは、デンマークの伝統手工芸です。しかし、現代的なモビールは、1954年Christian Flenstedと妻のGretheによって、Hans Christian Andersenの生まれたFunen島で創り出されました。彼らの最初のデザインであるコウノトリモビールは、素晴らしい成功を治め、今でも世界中に飾られています。現在は、彼らの息子Oleと妻のAaseによって伝統を守り、“Department space Reserach空間リサーチ部門”から定期的にオリジナル新作モビールを発表しています。フレンステッドモビールの共通の特徴は、タイムレス(時代を感じさせない事)でしたが、幅広いテーマを含んでいました。代表的な作品として、鳥・魚・象をあげる事ができます。特に象は、フレンステッドモビールのシンボルになっています。カラフルなシルエットの象達が、彼らの仕事場であるモビールセンター“Frederiksminde”の屋根の棟に立っていたり、フレンステッド氏所有の熱気球“Aeris Elephantis”の中央部分は、12頭の巨大な象のモビールで囲まれています。最近の活動では、抽象的なモビールをあげることができます。Oleは、モビールの3つの動き(バランス・リズム・不変的な動き)は、モーツアルトシンフォニーの律動に似ているとイメージしていました。最高のモビールの動きは、正確なバランスポイントが必要となります。お互いのモビールは、注意深く集合し、熟練の技によってバランスが保たれているのです。フレンステッドモビールは、生活の全ての面に適しています。明らかに完璧な部屋でさえ、僅かな現在の空気を掴むことができるのです。音楽に夢中になるように、モビールのゆったりとした動きを眺めることは、ストレスに効く治療となっています。


Flensted Mobileカタログへ

watch

Ole Flensted (オーレ・フレンステッド)

Ole Flenstedは、父Christian Flenstedの後を継ぎ現代モビールのフレンステッド社を世界に広げている。また、彼自身の作品でエレファントパーティーはMoMAに選定されているほどだ。色の使い方が何ともいえず、カラフルなもの、クールなものと人の気持ちを動かすように風によって見え方を変える空間アート。